[rFactor] SuperFormula 2015 Demo[V1.00への展望]

おまたせいたしました。SuperFormula2015 Demoの発表です。

正式版のための実働テストや,ご意見ご要望の取り入れなどのため,
Demo版という形の発表となります。ご了承ください。
下段には正式版への改良ポイントを一覧にしております。
追加で修正や提案をご希望の方はコメントにて発言お願いします。

/////////////////使用上の注意/////////////////////

個人利用以外にて無許可での利用は禁止致します。
学術,商用にてご利用の際は下記に連絡願います。
luthien.j.remillia@gmail.com

//////////////////////////////////////////////////

///////////////正式版への改良ポイント///////////////
メジャーチェンジ
●ラップタイムが過度に速い
 →タイヤグリップ削減,L/D比の抑制にてApex速度と最高速を低下させ対策。
●基本的なアンダーステア傾向の是正
 →前後タイヤグリップを見直し。サスペンションジオメトリの見直し。大々的な変更でない。
●ブレーキ実用性の向上
 →ブレーキ力の低減し,ロックする確率を引き下げてコントロールしやすくする。
●サウンド品質の向上
 →SFX,WAVファイルの見直し,再録音を実施しノイズを低減。
 →ピット(ガレージ)サウンドが大きいので小さくする。


マイナーチェンジ
●ドライバビリティの向上
 ・タイヤスプリングの見直し
  →フロントタイヤを増加,リアタイヤを減少させステア特性を適正化し,サスペンション作動性を向上。
 ・リアタイヤ発熱量の低減
  →フロント=リアの発熱設定とし,リアタイヤのオーバヒートを抑制。
 ・バンプト―特性の見直し
  →実作動レベルでバンプト―ゼロを徹底。
 ・サスペンション設定の見直し
  →過剰なバンプストッパーを他MODレベルに低減。
    (AI運転時に異常動作することの対策)
 ・リミットスリップデファレンシャル設定の見直し
  →作動力を低減し設定変更の分解能を向上。
●ウイング喪失反応の向上
 →ウイングを喪失してもハンドリングがあまり変わらないので見直し。全体ダウンフォースは不変。
●エンジン特性の変更(シフトポイント変更が主眼)
 →最高出力は維持しつつ発生回転数を引き下げ。現実のシフトポイントに合わせる。
MOD:  SuperFormula2015 Demo

/////////////////導入上の注意/////////////////////
我々は,このMODのインストールによって発生する
如何なるトラブルに対しても責任を負いません。

これは,ITO Modding Teamの製作したSUPER FORMULA 2015 MODです。
SUPER FORMULAは,日本におけるトップフォーミュラーカーレースです。
本MODはDEMOとして実在の1チームと,テスト用の4チームが収録されています。

<車両の特徴>
車体はDallara製 SF14を新規採用し,高いL/D比を誇る安定した空力性能を持ち,
コンベンショナルなサスペンション設計と合わさって,高いドライバビリティ特性へ貢献しています。
またエンジンは新たに2.0Lの過給機付きエンジンに置き換わり,
従来機種よりも高い燃費性能を得ながらも,同等以上の動力性能を有しています。

<MODの特徴>
ベース設計は開発世代の近いRSRGP2014としました。
SF14の推定挙動実現のためダウンフォース量とタイヤ特性の適合を行って,
高い旋回性能とマイルドかつリニアな特性を持ったSF14を想像できる基本設計に見直しました。
またRSRGP2014とSF13での不具合事例を基に個別に対策を実施し,
あらゆるドライバーの操作をある程度許容しながらも,
限界付近のシビアな特性が感じられるよう調整したつもりです。

<モデルについて>
ヘルメットとドライバーの身体は別MODから拝借しています。
WCPのスキンは流用可能です。

<今後の予定>
9月初旬をめどに,正式版の開発を進め,
別途募集を行いますEXTRAスキンの追加を行い,
正式版V1.00の発行を実施する見込みです。

//////////////////////ENGINE////////////////////////
2メーカーの特徴について
HONDA: 615PS/ 9500rpm,526Nm/ 6000rpm
   HONDAは高トルクの扱いやすい特性を持っています。
   燃費モード時でも高い戦闘力を維持します。

TOYOTA: 618PS/ 9500rpm,514Nm/ 7000rpm
   TOYOTAはバランスがよく,燃費重視にもパワー重視にも対応でき,
   高回転やパワーモード時に高い戦闘力を持ちます。

コモン・エンジンの特徴について
ACCR:  610PS/ 9500rpm,510Nm/ 7000rpm
   ACCRはSF13でもコモン・エンジンを提供していました。
   今回はライバルと同等の燃費性能へ改良し,出力は見劣りしない
   程度には改良されました。コンパクトで洗練された設計を持つ
   この122cu.in.エンジンは,低重心かつ低発熱量に特徴を有し,
   優れたハンドリングに貢献します。

ROTAS: 645PS/ 9500rpm,555Nm/ 6500rpm
   この新しいコモン・エンジンは,ライバルの一般的なターボと違い,
   電子式スーパーチャージド エンジンです。徹底した高効率運転を
   実現し,640馬力を超える高出力を誇ります。
   しかし気難しいバッテリーは,高重心かつ重量過多の上,
   たび重なる充放電は発熱と劣化を引き起こすので耐久性に問題があり,
   250キロを完走するためには,高出力を捨てる必要があります。


NRE-CRE.jpg

/////////////////////MODDER///////////////////////
Project Executive: Emilia Petrarca
Development Manager: Luthien Remillia
Physics Adviser: Emilia Petrarca, Miura Azusa

Aero data design: Miura Azusa
Suspension data design: Shiro Takada
Tire data design: Shiro Takada
Engine simulate: Shinji Suzuki
DriveTrain design: Shinji Suzuki
Test Driver: Luthien Remillia

コメント

ありがとうございます。
非公開コメント

Counter

Profile

Luthien Remillia

Author:Luthien Remillia
鯖告知用にテンプレートを見やすく変更しました。
どうぞよろしくお願いします。

Twitter

 

Calender

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Search