RSR GP 2016 の開催コースについて

半分連絡用です。首記のとおり、開催コースについてご案内します。
本シーズンは全6戦で争われ、
内3戦はISIの純正コースを使用しますが、他の3戦はMODを使用します。その影響もあり、
DRSゾーンに不備があるコースについてその対応を行い、
SCの挙動に不備があるコースについてはその対応を行いました。

つきましては下段のリンクより、修正されたコースMODをお使いください。

【コース】
Rd.1:JapaneseGP - Matsusaka (Matsusaka GrandPrix Circuit)
+3PA_Matsusaka_2015-v102-patch.rfcmp (純正v100を入れたのちパッチ当て)
 ☆SC先導速度の修正、ピットボックスの修正
Japanese.png 
Rd.2:SanMarinoGP - Imola (GranPremioDeSanMarino2006)
 ☆DRSゾーンの設定追加
SanMarino.png 
Rd.3:BritishGP - Silverstone (GT-Layout)
British.png 
Rd.4:GermanGP - Nurburgring (European Grand Prix)
Nurburgring_V172.rfcmp
☆DRSゾーンの設定
German.png 
Rd.5:TurkishGP - Istanbul park circuit (Turkish Grand Prix)
☆SC先導速度の修正
Turkish.png 
Rd.6:BrazilGP - SaoPaulo (Sao Paulo GP)
 ☆修正なし
Brazil.png 

以上

rFactor2mod - ITO_2016_Japanese_Super_Formula_V100

皆さまに御愛好頂いているITO modding groupより次期MODの発表をお知らせします。
ITO_2016_Japanese_Super_Formula_V100.jpg 
2016/4/23 rFactor2用Mod SUPER FORMULA 2016 を公開いたします。
【追記】2016/5/29 V1.00を公開します。
非公式ですので,商用利用はご遠慮ください。

また当方としてはrFactor2用Modを手掛けるのは初めてです。
多々至らぬ点があるかと思いますが,ご容赦くださいませ。


<テンプレート>

<変更予定>
【Physics】
 基本構成はそのままだが全面見直し。主にセッティング反応とドライバビリティに影響。
 AIドライバーの速度についても調整
 特記:PushToPassはDRSとして機能させます。
【Chassis】
 ジオメトリの見直しとシャシ本体を含めたのエラー修正など。
【Engine】
 大きいターボラグを改善。燃費や出力の相関も修正。
【Graphic】
 ミラーステーの新旧を選択可能とした。
 サイドポッド後端のルーバーの有無を選択可能とした。
 アンテナを追加。(Cockpit Viewで可視・不可視が選択可能とした)
 メータ類は速度計,回転数灯,ギア段に追加して,回転数,過給圧,ラップ数,順位,燃料計,水温計,油温計を追加した。
 ホイールリムはWCEXTRA2として別に変更可能とした。
 カメラファイルは調整。
特記:申し訳ありませんが,スキンはまた追加変更があります。
【SFX】
 タービン吸気音,コーストデフ音を変更。
【Teams】
 初戦を見て修正
 Extraチームを追加

/////////////////導入上の注意/////////////////////
我々は,このMODのインストールによって発生する如何なるトラブルに対しても責任を負いません。
これは,ITO Modding Groupが製作した非公式のSUPER FORMULA 2016 MOD(rFactor2用)です。
SUPER FORMULAは,日本におけるトップフォーミュラーカーレースです。
本MODはテスト版として実在の11チームと,テストカー,オリジナルチームも収録されています。

<3Dモデルについて>
ヘルメットとドライバーの身体は別MODから拝借し一部変更を加えています。

<スキンについて>
車体はrFactor用を基本として,新たに高ポリゴンのモデルを追加しました。
それに関連して新たにUVマップを一部変更してございます。
変更箇所はロールバー部,ヘッドプロテクタ部,リアウイングエンドプレート,チムニ―ダクト部。
いずれも大幅は変更ではありませんが,スキンは100%流用出来なくなってしまいました。申し訳ありません。
代わりと言っては何ですが,新たにリアディフューザサイドフェンスをカラーリング出来るようになっています。
ドライバーやヘルメット,その他シャシはUVマップを変更していませんので,
rFactor用のスキンをそのままご使用いただくことが可能です。

<車両の特徴>
車体はDallara製 SF14を新規採用し,高いL/D比を誇る安定した空力性能を持ち,
コンベンショナルなサスペンション設計と合わさって,高いドライバビリティ特性へ貢献しています。
またエンジンは新たに2.0Lの過給機付きエンジンに置き換わり,
従来機種よりも高い燃費性能を得ながらも,同等以上の動力性能を有しています。

<MODの特徴>
rFactorのSuperFormual2015をベースとして新たにrFactor2へ適応しています。
高い旋回性能とリニアな特性を持ったSF14を想像できる基本設計は前年度Modから引き継いでいます。
あらゆるドライバーの操作をある程度許容しながらも,
限界付近のシビアな特性が感じられるよう調整したつもりです。

<今後の予定>
5月下旬を目途に正式版の開発を進め,正式版V1.00の発行を実施する見込みです。

長々と講釈を垂れましたが,ぜひともスーパーフォーミュラの爽快なコーナリングをお楽しみください。
/////////////////////関係者///////////////////////
取りまとめ: Luthien J Remillia

Counter

Profile

Luthien Remillia

Author:Luthien Remillia
鯖告知用にテンプレートを見やすく変更しました。
どうぞよろしくお願いします。

Twitter

 

Calender

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Search